検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
キーワードを入力
書籍名を入力
編著者を入力
出版社を入力
ISBNを入力

特価商品市場

世界美術

*
  • 新品
  • お取り寄せ
商品コード:
SSC-B42006-9787807153917

銅鏡巻 陳介祺古拓本選編 陈介祺藏古拓本选编:铜镜卷

著者:卢芳玉 曹菁菁
出版社:浙江古籍出版社

通常価格(税込):
5,832
販売価格(税込):
5,184
ポイント: 48 Pt
関連カテゴリ:
中国美術 芸術 趣味
中国美術 芸術 趣味 > 伝統文化 芸術 歴史
中国美術 芸術 趣味 > 考古
シリーズ:国家图书馆藏
出版日:2008年6月1日
ページ:198
商品サイズ:26 x 24.6 x 2 cm
商品重量: 599 g
言語:中国語(簡体)
発送料金:国際郵便(実際発生金額)
    または、弊社入荷物と一緒に入荷します。その場合は日本国内発送料金となります。
数量:

目録

X-Y-A

前言

连弧草叶镜
日光草叶花卉镜
日光草叶花卉镜
日光草叶纹镜
日光草叶花卉镜
日光花卉纹镜
曰有意草叶花卉镜
日有憙草叶花卉镜
日有意四乳草叶花卉镜
毋相忘草叶花卉镜
毋见忘草叶花卉镜
予志悲草叶花卉镜
君王草叶纹镜
君王草叶纹镜
圈带花卉纹镜
昭明重圈铭文镜
昭明圈带铭带镜
昭明圈带铭带镜
铜华圈带铭带镜
铜华铭带镜
草叶铭带镜
日光铭带镜
常乐铭文镜
常乐连弧镜
富昌连弧镜
日有熹连弧铭带镜
日有意连弧铭带镜
日有意连弧铭带镜
清白连弧铭带镜
清白连弧铭带镜
铜华连弧铭带镜
铜华连弧铭带镜
铜华连弧铭带镜
铜华连弧铭带镜
昭明连弧带镜铭
昭明连弧铭带镜
长乐连弧铭带镜
四叶连弧圈带镜
四叶连弧圈带镜
四叶连弧圈带镜
四叶连弧圈带镜
四叶连弧圈带镜
连弧圈带镜
连弧圈带镜
铜华圈带云雷纹镜
铜华云雷纹铭带镜
铜华云雷纹铭带镜
铜华云雷纹铭带镜
铜华云雷纹铭带镜
长乐云雷纹镜
家常富贵连弧云雷纹镜
铜华连弧云雷纹镜
连弧云雷纹镜
连弧云雷纹镜
连弧云雷纹镜
常乐未央四乳铭文镜
常乐未央四乳铭文镜
常乐未央四乳铭文镜
常乐未央四乳铭文镜
常乐未央四乳铭文镜
四乳铭文镜
见日之光四乳铭文镜
日光草叶博局镜
日有意四神博局镜
四神博局镜
四神博局镜
四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方禽兽博局镜
尚方禽兽博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方禽兽博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
尚方四神博局镜
善铜四神博局镜
善铜四神博局镜
佳铜四神博局镜
善铜四神博局镜
善铜四神博局镜
名铜四神博局镜
善铜禽兽博局镜
佳镜四神博局镜
佳镜四神博局镜
王氏四神博局镜
王氏四神博局镜
王氏四神博局镜
王氏四神博局镜
李氏禽兽博局镜
朱氏四神博局镜
吾作四神博局镜
上大山四神博局镜
上大山四神博局镜
上峰山神兽博局镜
桼言禽兽博局镜
黍言四神博局镜
大乐蟠虺纹博局镜
蟠虺博局镜
四乳四兽镜

詳細

《陈介祺藏古拓本选编:铜镜卷》主要内容:铜镜,是古代妆奁照容的日常用具。中国的铜镜历史悠久,工艺精湛。迄今发现最早的铜镜出土于新石器时期的齐家文化遗址。战国时代是铜镜大兴的时期。到了汉代,青铜礼器衰微,而铜镜制作却大放异彩。汉镜的形制一直影响着后代的铜镜,直到唐朝,菱花形镜、葵花形镜、月宫镜、瑞兽葡萄镜等新风格铜镜才取代了汉镜风格成为主流。如今,铜镜已经成为一种历史见证,发挥着重要的作用。根据铜镜的类型分期,可以推断墓葬的年代;根据铜镜的纹饰造型,可以窥见先民的思想世界、宗教信仰和艺术情趣;根据铜镜的铭文,可以得知当时的书法风格、历史文化和俗语谚语。一把小镜,背后是千年文化的沉淀和历史的沉浮。
陈介祺所藏铜镜,大多是汉晋时期的,其次是唐代的。其中西汉铜镜以草叶纹镜、博局镜、四乳禽兽镜和连弧铭带镜为主,罕见星云纹镜,而东汉两晋铜镜则多为当时最流行的几何博局镜、云雷纹镜、变形四叶纹镜以及晚出的三段区段式铜镜。比外,陈氏还藏有少量宋元明清镜。
陈氏所藏铜镜皆为传世品,出土地不详,其年代无法准确判定。兹根据铜镜的形制、纹饰及铭文等标注铜镜的大致时代。又镜大致分为如下几个时间段:西汉早期,西汉中晚期,西汉晚期至东汉前期,东汉中晚期。至于唐以后的铜镜则不再分期。陈氏收器重文,故所藏铜镜皆有铭文。西汉铜镜的铭文往往字数偏少,字体以汉隶为主,不过也有与汉印相似的缪篆体,以及故作圆润的变篆体。东汊铜镜铭文,特别是东汉中后期的铭文开始多样化,出现“新有善铜”、“青盖”、“吾作明镜”等系列铭文,其字体的主流为成熟的汉隶,并见变篆体。唐代铜镜的字体则是十分成熟的楷书,具有很高的艺术价值。

詳細

「陳介祺蔵古拓本選書:銅鏡の巻」主要内容:銅鏡は、古代の嫁入り道具照容の日常用品。中国の銅鏡の歴史は古く、工芸完璧。今まで発見最古の銅鏡出土した新石器時代の名家の文化遺跡。戦国時代は銅鏡大興の時期。した漢の時代、靑銅礼器廃れ、銅鏡制作は異彩を放つ。漢鏡のように影響を及ぼしているずっと後世まで銅鏡、唐、菱花形の鏡、ヒマワリの形の鏡、月宮鏡、瑞兽ブドウ鏡など新しい風格銅鏡が代わった漢鏡スタイルが主流になって。今、銅鏡はすでに1種の歴史の証人は、重要な役割を果たす。銅鏡のタイプによって、墓の年代によって推論;銅鏡の紋様の造型、垣間見先賢の思想、宗教信仰と芸術世界によって情趣;銅鏡の銘文を知ることができる、当時の書道のスタイル、歴史の文化や俗語ことわざ。小さな鏡、背後には千年の文化や歴史の浮き瀋み瀋殿。

陈介祺所蔵銅鏡、大抵は漢晋唐の時期で、次いで。その中で、前漢の銅鏡草葉紋鏡、博局鏡、四乳禽獣さえ持って鏡鏡と弧銘を主として、珍しい星雲紋鏡、後漢の両晋銅鏡の多くは当時の最も流行の幾何学博局鏡、雲雷纹镜、変形四葉紋鏡や夜の三段区間式銅鏡。よりほか、陳は所持少量宋元明清鏡。

陳氏所蔵銅鏡の遺品で、土地は不明だが、その年代を正確に判定できない。茲にあり、銅鏡の紋様と銘文など表記銅鏡の大体の時代。また鏡には大きく分けては、次のいくつかの時間:前漢初期、前漢後漢末期から中末期、前漢後漢末期の前期、中。に至っては、唐以降の銅鏡はもはや分割。陳収器重文ので、所蔵銅鏡の銘。前漢銅鏡の銘は字数どうしても少なくて、フォントは汉隶を主として、でもと漢印に似たカミーユ篆書体や、わざと円いが篆書体。東の分流する所銅鏡銘文、特に漢中後期の銘文が多様化を始めて、「新が善銅」、「靑蓋」、「吾作明鏡」などのシリーズの銘文、そのフォントの主流の大人の汉隶を見が篆書体。唐代の銅鏡のフォントは非常に成熟した楷書、非常に高い芸術の価値。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。