検索条件

 

トップ > 中国美術    芸術 趣味 > 書道 篆刻 印鑑   文房四宝 > 碑帖、字帖 > チョ遂良(ちょ すいりょう) 雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうのじょ) 歴代名家碑帖経典 中国語書道/褚遂良 雁塔圣教序
歴代名家碑帖経典 > チョ遂良(ちょ すいりょう) 雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうのじょ) 歴代名家碑帖経典 中国語書道/褚遂良 雁塔圣教序

チョ遂良(ちょ すいりょう) 雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうのじょ) 歴代名家碑帖経典 中国語書道/褚遂良 雁塔圣教序

編著者:陳鈍之

中国、唐代初期の政治家、書家。浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)、銭塘(せんとう)の人。字(あざな)は登善(とうぜん)。虞世南(ぐせいなん)、欧陽詢(おうようじゅん)とともに初唐三大家の一人。広く文章学問に通じて唐の2代皇帝太(たいそう)に重んじられ、その下命を受けて東晋(とうしん)の王羲之(おうぎし)の筆跡の鑑定や収集整理に携わった。やがて、皇帝に近侍する諫議大夫(かんぎたいふ)(わが国の参議)、そして宮廷の文・詔勅をつかさどる中書(ちゅうしょ)省の長官たる中書令(ちゅうしょれい)(中務卿(なかつかさきょう))に進んだ。太宗の崩御に際しては後事を託されるほどの寵幸(ちょうこう)を得たという。3代高宗のもとでは河南公(かなんこう)(河南省の知事)に封ぜられ、さらに尚書右僕射(しょうしょうぼくや)(右大臣)に至った。しかし、高宗が武氏(則天武后(そくてんぶこう))を皇后として入輿(じゅよ)することをいさめていれられず、愛州(現ベトナム北部地方)に左遷され、この地でした。遺墨として楷書(かいしょ)の「孟法師碑(もうほうしひ)」「雁塔聖教序碑(がんとうしょうきょうじょひ)」「伊闕仏龕碑(いけつぶつがんひ)」、行書の「枯樹賦(こじゅのふ)」などが知られ、その拓本は、今日も漢字手習いの手本として人気が高い。
聖教序とは新訳の経論に対して皇帝より賜る御製の序であるが、今日、648年(貞観22)唐の太宗が玄奘(げんじょう)の懇請によってつくった「大唐三蔵聖教序」がもっとも著名である。このとき、皇太子であった高宗も述聖記を撰(せん)した。唐の都長安(現西安)の大慈恩寺の大雁塔には、第一層の南面の両側に小室を設け、東側に聖教序碑、西側に述聖記碑をはめ込む。ともに、当時の能で初唐の三大家として名高い褚遂良(ちょすいりょう)の書で、653年(永徽4)の年記が加えられている。碑はいずれも高さ177.8センチメートル、幅86.6〜100センチメートルの黒大理石が使われており、良好な状態で伝存する。虞世南(ぐせいなん)や欧陽詢(おうようじゅん)の楷書(かいしょ)とは趣(おもむき)を異にした新しい楷書体で、伊闕仏龕碑(いけつぶつがんのひ)(641)、孟法師碑(もうほうしのひ)(642)などの遺品のなかでも、遂良独自の書風を完成させた最高傑作。楷書の範として尊重される。

ISBN:9787539874012
シリーズ名:歴代名家碑帖経典
出版日:2017年2月
ページ:55
言語:中国語(簡体・繁体)
商品サイズ:B4 35.0 x 24.5 x 0.6cm
商品重量:370g 
発送方法:定形外郵便
商品コード : SSC-B40604-9787539874012
製造元 : 安徽美術出版社
希望小売価格 : 2,610
価格 : 1,760円(税込)
ポイント : 17
数量    残りあと12個
 

1万円以上(税別)は配送料無料(※取寄せ品除く)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • X-A-H

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません